友だち追加
▲ラインでの寝具の質問もお気軽に!



▲メールでのお問い合わせ


エアーマットレス
 
HOME»  古い布団をお持ちの方へ

古い布団をお持ちの方へ

不要な布団を片付けたい方のために提案したいのが

①布団を処分する

②打ち直し(リフォーム)をする


の2点です。

まず①は布団を自治体に頼んで捨てます。
捨てる方法ですが地域ごとにルールが違います。ここでは私の住んでいる大阪市東成区のルールを紹介します。

①近所の自治体(市役所等)の粗大ゴミ受付センターに電話をする。

②内容を伝える(例:掛け布団シングル2枚、敷き布団シングル2枚を捨てたいのですが・・・)

③自治体の方がゴミ収集日、受付番号、手数料(支払方法は④にて)を教えてくれます。

④手数料は券をコンビニか郵便局で購入します。
手数料券はシールになっており、粗大ごみに貼り付けます。

⑤指定されたゴミ収集日・時間に粗大ごみを置き、収集車が回収に向かいます。


手数料は捨てる寝具の種類、量によって変わります。


大阪市内近郊のお客様で当店で布団を購入していただくと送料無料で配達をさせていただきます。そのときに不要な布団がございましたら引き取らせていただきます。

布団処分
▲実際に引き取らせていただいた寝具。布団一式やウレタンマットレスなど


◆購入していただいたお客様に限り、配達時に不要な布団を無料で引き取らせていただきます。


◎掛け布団、敷き布団、まくらの引き取りOK!
毛布、敷きパッド類、カバー類、ウレタンマットレスOK!

カビだらけでも構いません!布団の引き取る数も特に決まりはないのでお気軽に!

◎ひもで縛ったり、袋に入れる必要はありません。
そのままの状態で引き取らせていただきます。


◎引き取った布団は一括でゴミ処理場に処分しています。


※注意点

鉄の入った寝具(スプリングマットレス、コントローラ付寝具、座椅子など)は引き取ることができません。処分方法は上記のように自治体に頼んでください。

※一度引き取った布団の返却はできかねますので予めご了承ください。


対応地域の方はお気軽にお申し付けください。







次に②の布団をリフォームするという方法です。
ただしこれは布団の素材・質によってできるものとできないものがあります。

お持ちの布団の素材が木綿わたでできていたり、羽毛布団だったら元からある布団の中綿を使って綺麗にして布団を作り直すことができます。木綿わたの敷き布団を座布団にしたりすることもできます。

布団のリフォームのことを昔から打ち直しといいますが、木綿わたは日本古来のエコな素材なのです。近年、羽毛布団もリフォームできるようになりましたので側生地が破れてきたり、布団がへたってきたらお近くの
寝具専門店(ふとん屋さん)に相談してみましょう。

当店でも大阪市内近郊の方に限り、布団のリフォーム(打ち直し)サービスを実施しています。


→打ち直しとは?


◎お問い合わせはこちらから



→メールでのお問い合わせはこちら